くまっしぇ発 育自ポータルサイト

CLOSE

くまっしぇ発 育自ポータルサイト
くまっぺ相談室ブログ

ブログ

2021年08月22日

毎月1回 日曜日に開催しています「マタニティーおしゃべりサロンmimi」

助産師さんと子育て支援コーディネーターと一緒に、妊娠出産・子育てのことお話ししましょう!

 くまっこるーむで「母子保健コーディネーター」として妊婦さんに寄り添う助産師の木内さんは、おーちゃん先生のご近所のママ友達!子どもが同級生ということもあり、授業参観の時などに会うたびに「いつか、こんなこと出来たらいいよね!」と夢を語っていました。それが実現したのが2018年6月でした。初めてサロンに来てくださった方のお子さんはもうすぐ3歳になります。

今日も1組のご夫婦が参加!!プレパパさんにはサロン中ずっと「赤ちゃん人形」を抱いていたもらうのが恒例!! 3000ℊの赤ちゃんモデルは、首のすわりもまだ生まれたての赤ちゃんです。抱き方も分からないなかでも、優しく壊れ物にそっと触るように抱き上げます。でも全身は緊張で固くなって(笑)

「思った以上に重くて・・疲れるんですね」   毎回プレパパさんは同じ感想を言います。

でもサロン終了のころには、上手に抱くことができます。男性は腕のリーチが長いので、パパに抱かれると赤ちゃんは安心するようですよ。

「妊婦健診に付き添えなかったり」「出産にも立ち会えないかもしれない」いろいろ思い描いていた、妊娠期の過ごし方や出産が叶わないかもしれない。

夫婦揃っての子育てのスタートが難しいこと、お二人からもそんな悩みが聞かれました。

妊産婦のコロナワクチン接種についてもお話ししました。(育自サイトのプレママプレパパのページを参照ください)すでに市内の医院で予約ができたそうです。

感染予防のために、出産や子育ての現場でも、人と人との接触が制限される中、ストレスを抱えたり孤立感や不安を感じるプレママさんが多くいます。そんな中でもママは一生懸命です。無理していることにも気づかないまま。だからこそ、プレパパさんの存在は大切です。

「頑張っているね。ありがとう。でも疲れたら休んでもいいんだよ」

自分ができることを増やそう!  今日のプレパパさんは育休中のお風呂は自分の役割!!と沐浴の練習をしました。

沐浴指導中!!

自宅での練習用に、録画するママさん!!

「私より、上手になりそうですね」「教えてもらうことになりそう」と嬉しそうでした。

次に会うのは、広場ですね。   うれしい報告を待ってます!!

この記事をシェアする