くまっしぇ発 育自ポータルサイト

CLOSE

くまっしぇ発 育自ポータルサイト
子育てアドバイス

聞いてみたい

離乳食の相談
生後10ヶ月の赤ちゃんを育てています。まだ歯が生えていません。離乳食の本を読むと、この月齢では軟飯や、手掴み食べ用のおやきや、食パンもパン粥ではなくちぎって食べさせましょう、とあります。
これは、一般的にもう歯が生えているお子さん向けに考えられた目安なのでしょうか?

うちの子は、歯が生えていないせいか、軟飯も嫌がり、ちぎったパンも咳き込みます。つかみ食べ用おやきは、自分では掴まず、スプーンに乗せて食べさせたら、いくらか食べました。

10ヶ月ですが、軟飯を5倍粥に戻し、ちぎりパンもパン粥に戻してもOKでしょうか?

それとも、咳き込んだり、嫌がって泣いても、練習のために食べさせることを頑張ったらいいのでしょうか?

よろしくお願いします。
2021年06月01日
にこにこん さん

くまっしぇからのアドバイス

アドバイス更新日:2021年06月04日

くまっぺ相談室

にこにこんさんへ。ママさん歯科医師スタッフからのアドバイスをお伝えしますね。

歯科以外の発育も同じ事が言えるかと思いますが、
歯の生え方は本当に個人差があります。そして、食べられる物は、やはり歯のはえ具合に左右されると思いますので、育児書の月齢に関係なく、成長にあったメニューで良いかと思います。
成長にあっていない物を食べて誤嚥するほうが危険かと思います。

そして、成長度合いは、みんなそれぞれなので、そこもあまり気にせず、ゆっくりみてあげてください。歯に関しては、多くは問題なく生えてくる事ががほとんどですよ。

すずかけ相談室♭

こんにちわ。離乳食に毎日奮闘しているにこにこんさん育児書どうりに進まなくて焦る気持ちが伝わってきます。ここでは気持ちの面からお話しますね。歯が生えてなくても子どもは歯茎ですりつぶして食べるのであまり気にしなくて大丈夫かなと思います。むせてしまったり、嫌がったりするのを無理強いすると、子どもは拒絶してしまうのではないでしょうか?一度5分がゆに戻しても一からはじめに戻ってしまうわけではないので、戻してみてよく食べたらおいしかったねーと声掛けしてあげましょう。かみかみごっくんと声掛けしながらおじやから軟飯と進めていったらどうでしょう。食事に時間にお母さんが楽しそうにしていると、子どもはよく見ていて食べてみようかなという気持ちが育ちます。赤ちゃんせんべいをもたせてみたり、哺乳瓶に手を添えたり、自分にできそうなことを無理なくさせてみましょう。その子のペースで無理しないように進めてみてくださいね。

くまっぺ相談室

にこにこんさんへ。ママさん栄養士スタッフからのアドバイスをお伝えします。


離乳食の月齢の進み方は個人差がありめす。
離乳食期は、食べることを学ぶ時期。その子のペースに合わせて、しっかりモグモグしてるかな、丸呑みしてないかなと確認しながら進めてください。

ママも一緒に食事を食べていると、自ずと真似っこをして食べれる様になったりと、楽しい食事になるといいなと思います。

手づかみ食べの練習は、はじめはジャガイモやニンジンなどを茹でたり蒸したりして手に持ちやすい形にしたものはいかがでしょうか。

成長の過程はそれぞれなので、お子さんのペースに合わせてね。

たじまっこ相談室

離乳食で色々思い悩んでいらっしゃるにこにこんさんへ
 育児書はあくまでも目安で、その通りにならなくても大丈夫ですよ。成長発達は十人十色、その子のペースに合わせ進める事が何よりかと思います。泣いて嫌がるのを無理に食べさせたりすると「食」に対して「恐怖」にしかなりかねないと思います。
歯が生えていなくても歯茎でつぶして食べられますのでお子さんが喜んで食べられる物から「モグモグおいしいね!」と声かけながら楽しい雰囲気の中で離乳食が進められると良いですね。