くまっしぇ発 育自ポータルサイト

CLOSE

くまっしぇ発 育自ポータルサイト
子育てアドバイス

聞いてみたい

孫に贈りたい初めての靴の選び方
こんにちは。楽しく拝見しております。育児中のお母さん対象の相談だということは承知しておりますが、ばぁばからの質問もよろしいでしょうか。
初孫が生まれ、あれよあれよという間にハイハイをするようになり、歩き始める日も近いかなと楽しみにしております。先日、気が早いかと思いましたが靴を選びに行きました。しかしデザインも値段もピンからきりまであり、結局選べませんでした。
初めての靴はそんなに履かないのかもしれませんが、これから孫に靴を選ぶときにどんな点に注目して選べばよいのか、アドバイスをいただけると嬉しいです。
おばあちゃんとひろばへ来る方もいらっしゃいますか?機会があれば私も遊びに行きたいと思っております。コロナ収束が待ち遠しいですね。皆様もお元気で頑張ってください。
2020年12月09日
ぴかぴかばぁば さん

くまっしぇからのアドバイス

アドバイス更新日:2020年12月26日

パーシモン広場

ファーストシューズを選ぶときは、その子どものサイズに合ったものを選ぶことが何より大切です。一般的に、つま先に5㎜ほど余裕があるのがちょうどよい状態と言われています。
靴下を履いた状態でかかとをぴったり合わせ、フィッティングしてみましょう。衛生的なことを考えると靴下は履いた方が良いですね。
マジックテープや紐などで甲の高さが調節できるものを選び、子どもの足に合わせて痛くない程度にしっかり絞めてあげて下さい。
また、歩き始めの乳幼児は足が靴の中で動かないように固定することで安定した歩行ができますので、かかと部分がしっかりホールド出来るようなハイカットなもの、また少しつま先が反りあがっているタイプの物を選んであげるとつまづきにくくなります。
そして適度に弾力があり、足が曲がるのと一緒に靴も曲がるような構造の物が良いです。
キャラクターや見た目よりも、まずは性能重視で選びましょう。

くまっぺ広場 第2

お孫さんの成長は本当に可愛く、うれしいことと思います。
ひろばにおばあちゃまが来てくださること、ありますよ~
普段、どんな場所で遊んでいるのか実際に見られたり、お気に入りのおもちゃが分ったりしてますよね。ママさんと一緒だったり、時にはおばあちゃまがお孫さんを預かって2人でのご利用もあります!今は予約制のひろばになっているので、予約の際にお伝えくださいね。機会があれば、ぜひお待ちしています!

靴の選びはいろいろあって迷ってしまいますよね。
広場のママさん達もデザインというよりは履かせやすさを重視して選んでいるようです。足が入る口が開きやすく、ピタッと止められるもの、かかとがしっかりあるものといった感じでしょうか。
サイズに関しては靴屋さんでもサイズを測ってくれますのでもし一緒に買いに行けるようでしたら出向いてみてもいいかと思います。
また、靴を履くことを嫌がるお子さんもいるので、室内で履ける生地が柔らかいものも売っていますよ。

たじまっこ相談室

初お孫さん誕生おめでとうございます‼

我が「ひろば」にも時々、ママさんと一緒に...お孫さんと2人で...と...おみえになることがありますので気兼ねなく足を運んでみて下さい。やはり、お孫さんがどんな所で遊ばせてもらっているのか「ひろば」とはどんなものなのか気になるようですね。尚、「ひろば」利用は予約制ですので宜しくお願いします。

さて、ファーストシューズは、骨が柔らかく、変形しやすい状態のお子さんの健やかな成長のためにも色々迷ってしまいますよね。
ポイント4つ~
 1.足のサイズ、長さ、横、幅、高さに気を付けて~つま先5~10㎜余裕を
 2.ちょっと反り上がったつま先が良い~つまずき防止の為
 3.しっかりとした靴底~固定されたかかとで足の安全の為
 4.脱ぎ履きが楽なデザイン
ファーストシューズということにおきましては、クッション性に優れていて、全体的に柔らかい素材が良いようですね‼

ほしのこひろば

ぴかぴかばぁばさんへ

お孫さんの成長が楽しみですね。
まさに「這えば立て、立てば歩めの親心」いえいえ、「ばぁば心」健やかに育って欲しいとのお気持ちが溢れていますね。
「初めての靴」これからの人生を自分の足で歩んでほしいとの思いを込めた靴選びと推察いたしました。最近ではシューフィッターという足や靴についての専門的知識を持った方がアドバイスをしてくださるお店があります。そこで、相談なさるのもいいと思います。
 でも、赤ちゃんの靴専門となると答えられる方は少ないのかもしれません。もう20年以上前の話ですが、子どもの靴についての本を読んだことがあります。ぴかぴかばぁばさんの相談を目にして、もう一度読んでみようと本棚からホコリをかぶった本を見つけました。
 その中で、「子どもの足を育てるのは子ども靴」だという意識を持って作られた靴が良い。という言葉がありました。
 柔らかいぷよぷよのあんよ、これから歩ける足になっていくのを守り育てる靴を選ぶことが良いようです。
・柔らかい靴は足に悪影響、直接、肌に触れる部分は柔らかく、足を支えている部分はしっかりとした素材で
・間違っても可愛い「きゃしゃな靴」は選ばない、デザイン重視は?
・歩きやすい靴とは、まるで足と一体であるかのように足のどんな動きにもついてきてくれるもの
こんなことが書かれていました。(抜粋)
 答えになっていないかもしれませんが、「足って大事。足を育てる靴も大事、靴選びも大事」ってこと。ぴかぴかばぁばさんのおかげで再確認させていただきました。ありがとうございます。
 近い将来、お孫さんの可愛いあんよに、足を育てるピカピカの靴が輝いていることを想像しています。

 子どもの靴についての専門書は少ないと思います。もし、時間があるようなら読んでいただけるとよいのかなぁ…。

参考に・・・「子どもの靴はこんなに怖い」著者 大谷知子
      発行 宙(おおぞら)出版  発売 主婦と生活社

すずかけ相談室♭

お孫さんのこれからの成長が楽しみですね。靴をお孫さんと一緒に買いに行けるといいですがコロナ禍の今はそうもいかないこともありますよね。サイズを聞いてもメーカーによって、大きさや幅がまちまちで せっかくプレゼントとしても履けなかった…という事もあるようです。少し大きめを贈りサイズが合うようになるのを楽しみに待つのもいいかもしれませんね。大きすぎる靴を履いていると足を痛めてしまう事があります。足は、体の発育にも大切です。靴売り場に専門のスタッフさんがいるところもありますのでご相談されるのも良いかと思います。お孫さんと一緒に散歩をする日が楽しみですね。ひろばにおばあちゃまと一緒に来られる方もいらっしゃいます。是非遊びにいらしてください。